Research

Research Interests

  • How are musicians' ideas communicated to an audience?
     演奏家が演奏に込めた思いはどのように鑑賞者に伝わるのか?
  • What happens in musicians' body and mind in their public performances?
     演奏者がコンサートで演奏するときに感じられる独特の高揚感の正体とは?
  • Is music a medicine for your soul (or body)? If yes, how?
     音楽は人のこころ(やからだ)の薬となりうるのか?
  • The effects of music listening and making for senior citizens.
     高齢者にとって「音楽を聴く」「音楽を演奏する」ことの効果とは?
  • What are the factors determining your favorite song?
     「お気に入りの歌」はどうやって生まれるのか?
  • Where does group creativity come from?
     創造性を生み出す集団の特性とは?

YAMAHA ON-KEN Scopeにて研究が紹介されています。
研究のツールは「演奏科学」―音楽する人の心を可視化する

    学位論文

    • 正田悠 (2013). 音響情報ならびに視覚情報を介したピアノ演奏のコミュニケーション過程の解明.

      北海道大学大学院文学研究科博士論文(平成24年度).
      2013年3月25日 博士(文学)取得

    • 正田悠 (2010). ピアノ演奏者の身体動作における時系列的特徴の探究.

      北海道大学大学院文学研究科修士論文(平成21年度).
      2010年3月25日 修士(文学)取得

    • 正田悠 (2008). ピアノ演奏における演奏表現と聴取印象の関係: 演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作に着目して.

      大阪大学人間科学部卒業論文.
      2008年3月24日 学士(人間科学)取得

    学術論文

    1. *正田悠・阪田真己子・Williamon, A. (2017). 生演奏による聴取がヴァイオリン演奏の評価に及ぼす影響:全体評定と連続評定. 音楽知覚認知研究, 23(1), 35-55.
      • 演奏者と鑑賞者が「共に会する」生演奏場面における鑑賞者の心理的体験について調べるため,ヴァイオリンの生演奏あるいは録音された同一の演奏について,連続評定(鑑賞中)と全体評定(鑑賞後)を行ってもらった。その結果,曲想の異なる2曲に共通して,生演奏では録音よりも「よかった」,「感動した」と評価され,楽曲の感情的ニュアンスがより明確に受け取られることが示された。連続評定について関数データ分析を行ったところ,生演奏の方が全体的に抑えられた評価になることが示された。このことは,生演奏中の時々刻々の印象と演奏後に感じられる印象が必ずしも一致しないことを示唆する。
    2. *山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2017). 体育科教員のダンス指導不安の探索的研究. 日本教育工学会論文誌, 41(2), 125-135. https://doi.org/10.15077/jjet.40117
      • 体育科教員がダンス授業に対して抱く「ダンス指導不安」にいかなる特徴があり,そうした不安が教員歴やダンス指導経験によっていかに異なるのかを調べた。調査1では,体育科教員を対象にダンス指導に対する不安を自由記述により調査した。テキストマイニングを行った結果,ダンス指導不安が5つのカテゴリーから構成されることが示され,理想の授業を実現するダンス技術がない不安や生徒との関係に対する不安が抽出された。調査2では調査1のカテゴリーを基に評定尺度を作成し,調査1とは別の教員に回答してもらった。その結果,ダンス指導不安が調査1と対応する4因子により構成されることが確認された。調査1と同様に,生徒がダンス教育に求めているレベルやニーズを理解しながらも,それに対応するだけのダンス技術がないと感じている教員の葛藤が認められた。さらに,そうした教員の葛藤は,ダンス指導経験の有無に関わらず同程度に認 められることが示唆された。
    3. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2017). ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化 (大会発表賞受賞論文). 認知科学, 24(1), 141-145.http://doi.org/10.11225/jcss.24.141
    4. *正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子 (2016). 二次元情動空間による顔と声のクロスモーダル知覚の探究. ヒューマンインタフェース学会論文誌, 18(4), 339-352. http://ci.nii.ac.jp/naid/40021066339/
      • 人間は顔や声を用いて感情を伝達する。顔と声によって表わされる情動は一般的には一致したものであるが,時にはモダリティ間で不一致なこともある。本研究では,二次元情動空間(2DES)を用いて,顔と声で一致あるいは不一致の情動表現を人間がどのように知覚するのかを調べた。実験刺激として,4つの情動(喜び,リラックス,悲しみ,怒り)を表現したある男性俳優の顔および声の表情を録音・録画したものを用いた。実験参加者は,顔と声を組み合わせた計16刺激を視聴し,快・不快(valence)の程度と活動性(activity)の程度を評価し,その反応時間を取得した。実験参加者は,俳優がどの情動を表現したのかも選択した。快・不快評価と活動性評価の間で異なる結果が得られた。すなわち,ポジティブな感情の声が付与されたときにも,参加者は不快表情から不快情動を知覚したが,そのような顔と声の知覚的バイアスは活動性評価には認められなかった。これらの結果は,人間のクロスモーダル処理を支えるメカニズムが情動次元によって異なることを示唆する。本研究では,情動の視聴覚知覚に関する新たなモデルを提案し,将来の研究の方向性を提示した。
    5. *Shoda, H., & Adachi, M. (2016). Expressivity, affective nuance, and presentation modality in a performer-to-audience communication. Psychomusicology: Music, Mind, and Brain, 26(2), 167-178. https://doi.org/10.1037/pmu0000141
      • ピアノ生演奏における鑑賞者の生理的反応が,聴取文脈(生演奏 vs 録音演奏)によってどのように異なるのかを調べた。37人の鑑賞者がピアニストの生演奏6曲(バッハ,シューマン,ドビュッシーのテンポの速い曲と遅い曲)を聴取し,その約10週間後に同じ演奏を録音したものをスピーカーから聴取した。両条件における鑑賞者の心電図(ECG)を記録し,その心拍数と心拍変動スペクトルの特徴量を比較した。その結果,生演奏条件でのみ,遅い曲に比べて速い曲において鑑賞者の心拍数が速くなったことが示された。また,録音演奏条件に比べ,生演奏条件における鑑賞者の交感神経-迷走神経バランス(LF/HF)が低く,迷走神経活動(HF/TF)が上昇したことが示された。このことは,ピアニストと鑑賞者が共に会することによって,鑑賞者の生理的ストレスが減少したことを示している。本研究ではこれらの結果を,生演奏に対する鑑賞者の注意と時間的引き込み(entrainment)の概念から議論した。
    6. *Shoda, H., Adachi, M, & Umeda, T. (2016). How live performance moves the human heart. PLoS ONE, 11(4), e0154322.
      https://doi.org/10.1371/journal.pone.0154322
    7. 正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子 (2015). 表情と音声の情動知覚における視聴覚相互作用:情動判断と反応時間の分析 (大会発表賞受賞論文). 認知科学, 22(3), 480-485.
      https://doi.org/10.11225/jcss.22.480
    8. *Shoda, H., & Adachi, M. (2015). Why live recording sounds better: A case study of Schumann's Traumerei. Frontiers in Psychology, 5(1564), 1-15.
      https://doi.org/10.3389/fpsyg.2014.01564
    9. *Shoda, H., & Adachi, M. (2012). The role of a pianist's affective and structural interpretations in his expressive body movement: A single case study. Music Perception: An Interdisciplinary Journal, 29(3), 237-254.
      https://doi.org/10.1525/mp.2012.29.3.237
    10. Shoda, H., & Adachi, M. (2010). A case study of acoustical and movement variations in a piano performance (Technical Report No. 59). Sapporo, Japan: Department of Psychology, Hokkaido University, 1-27.
    11. (*査読付き)

    著書(分担執筆)

    1. 正田悠・山下薫子 (2015). 演奏の心理. 星野悦子(編)音楽心理学入門 (pp. 211-239). 誠信書房.
    2. 正田悠・佐藤正之 (2011). 音楽医学: 演奏家の健康を守るために. 安達真由美, 小川容子 (監訳), 演奏を支える心と科学 (pp. 125-145). 東京: 誠信書房.
    3. 正田悠・森下修次 (2011). 身体の動き. 安達真由美, 小川容子 (監訳), 演奏を支える心と科学 (pp. 370-394). 東京: 誠信書房.

    国際会議 Proceedings (査読つき)

    1. Shoda, H., Nishimoto,K., Suzuki, N., Sakata,M., & Ito, N. (2016). Creativity comes from interaction: Multi-modal analyses of three-creator communication in constructing a Lego castle. Lecture Notes in Computer Science, 9735, 336-345.
    2. Suzuki, N., Shoda, H., Sakata, M., & Inada, K. (2016). Essential tips for successful collaboration: A case study of the "marshmallow challenge". Lecture Notes in Computer Science, 9735, 81-89.
    3. Yamaguchi, R., Shoda, H., Suzuki, N., & Sakata, M. (2016). Exploring dance teaching anxiety in Japanese schoolteachers. Lecture Notes in Computer Science, 9735, 511-517.
    4. Sakata, M., Suzuki, N., Shirai, K., Shoda, H., Yamamoto, M, & Sugio, T. (2015). How do Japanese people return a greeting with a bow? Lecture Notes in Computer Science, 9171, 503-513.
    5. Shoda, H., Yao, T., Suzuki, N., & Sakata, M. (2015). Exploring how people collaborate with a stranger: Analyses of verbal and nonverbal behaviors in abstract art reproduction. Lecture Notes in Computer Science, 9184, 379-388.
    6. Suzuki, N., Oshima, Y., Shoda, H., Sakata, M., & Ito, N. (2015). Verbal and nonverbal skills in open communication: Comparing experienced and inexperienced radio duos. Lecture Notes in Computer Science, 9185, 490-499.
    7. Shoda, H., & Adachi, M. (2014). Music is communicated visually: Modeling performer-to-audience communication in live piano performance. In M. K. Song (Ed.), Proceedings of the ICMPC-APSCOM 2014 Joint Conference: 13th Biennial International Conference for Music Perception and Cognition and 5th Triennial Conference of the Asia Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music, 35-40.
    8. Shoda, H., & Adachi, M. (2013). The pianist's acoustical and motional expressions in the live performance of Schumann's Traumerei. In A. Williamon, & W. Goebl (Eds.), Proceedings of the International Symposium on Performance Science 2013, 709-714.
    9. Adachi, M., Takiuchi, K., & Shoda, H. (2012). Effects of melodic structure and meter on the sightreading performances of beginners and advanced pianists.In E. Cambouropoulos, C. Tsougras, P. Marvromatis, & K. Pastiadis (Eds.), Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music, 5-8.
    10. Shoda, H., & Adachi, M. (2012). Effects of the listening context on the audience's perceptions of artistry, expressiveness, and affective qualities in the piano performance. In E. Cambouropoulos, C. Tsougras, P. Marvromatis, & K. Pastiadis (Eds.), Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music, 925-929.
    11. Shoda, H., & Adachi, M. (2010). Effects of the musical period on the pianist's body movement: Its time-series relationships with temporal expressions. In S. M. Demorest, S. J. Morrison, & P. S. Campbell (Eds.), Proceedings of the 11th International Conference on Music Perception and Cognition, 843-848.
    12. Shoda, H., & Adachi, M. (2009). Time-series analysis of relationships between the pianist's body movement and the temporal expression for Romantic pieces. In C. Stevens, E. Schubert, B. Kruithof, K. Buckley, & S. Fazio (Eds.), Proceedings of the 2009 nd International Conference on Music Communication Science, 137-140.
    13. Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Yasuda, S., & Adachi, M. (2008). Emotional communication of a pianist's intended expression via acoustical and visual information. In K. Miyazaki, Y. Hiraga, M. Adachi, Y. Nakajima, & M. Tsuzaki (Eds.), Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition, 517-520.
    14. Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Shoda, H. (2008). Psychological study of strong experiences in listening to music: Relationship between physical reactions and acoustic features of the music. In K. Miyazaki, Y. Hiraga, M. Adachi, Y. Nakajima, & M. Tsuzaki (Eds.), Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition, 496-499.
    15. Katahira, K., Nakamura, T., Kawase, S., Yasuda, S., Shoda, H., & Draguna, R. M. (2007). The role of body movement in co-performers' temporal coordination. In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science, 72-75.
    16. Kawase, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Katahira, K. Yasuda, S., & Shoda, H. (2007). Communication channels performers and listeners use: A survey study. In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science, 76-79.
    17. Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Yasuda, S. (2007). Effects of a pianist's body movements on listeners' impressions. In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science, 143-146.
    18. Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Shoda, H. (2007). Psychological study of strong experiences in listening to music: A relationship between partial and overall evaluations of physiological reactions. In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science, 184-187.

    研究報告・国内学会論文

    1. 正田悠・土金諒・下寳賢人・伊坂忠夫 (2017, 11月). 生演奏における鑑賞者の心拍変動および複雑性:J-POPライブにおけるフィールド実験. 日本音楽知覚認知学会資料, JSMPC2017(2), 9-14. [ポスター発表選奨受賞]
    2. 正田悠・鈴木紀子・阪田真己子・伊坂忠夫 (2017, 9月). ドラムによる多人数インタラクションが参与者の生理反応に及ぼす影響. 日本認知科学会第34回大会発表論文集, 867-871.
    3. 鈴木紀子・今城真由香・正田悠・阪田真己子・伊藤紀子・山本倫也 (2017, 9月). 人数が多いほど共同作業はうまくいくのか?: 家具組立課題に関する一検討. 日本認知科学会第34回大会発表論文集, 861-862.
    4. 阪田真己子・森本未来・正田悠 (2017). 外見と性格情報の整合性がキャラクターの印象評価ならびに再認成績に及ぼす影響. ヒューマンインタフェース学会研究報告集, 19(2), 65-68.
    5. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2016). ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化. 日本認知科学会第33回大会発表論文集, 670-675.
    6. 正田悠・阪田真己子・Williamon, A. (2016). 演奏を聴く身体:生演奏と録音聴取における鑑賞者の身体運動の比較. 日本音響学会音楽音響研究会資料, MA2016(17), 19-24.
    7. 鈴木紀子・正田悠・伊藤紀子・稲田香織・阪田真己子 (2016). 課題達成型共同作業におけるマルチモーダルインタラクション:マシュマロ・チャレンジを例として. 電子情報通信学会技術研究報告, 116(185), 25-28.
    8. 廖振, 王ヒョウセイ, 正田悠, 阪田真己子 (2016). 日本人母語話者との初対面インタラクションにおける中国人非母語話者の会話方略. 電子情報通信学会技術研究報告, 116(31), 17-22.
    9. 山口莉奈, 正田悠, 鈴木紀子, 阪田真己子 (2016). ダンス必修化に伴う教員の指導不安の定量的分析. 情報処理学会第78回全国大会講演論文集, 4-913-4-914.
    10. 山口莉奈, 正田悠, 鈴木紀子, 阪田真己子 (2015). ダンス必修化に伴う教員の不安構造の分析. 日本認知科学会第32回大会発表論文集, 309-312.
    11. 鈴木紀子, 正田悠, 西本光志, 阪田真己子, 伊藤紀子 (2015). 三者間の共同創作における言語, 非言語行動の分析: 作品の独創性への影響. 日本認知科学会第32回大会発表論文集, 887-890.
    12. 正田悠, 阪田真己子, Williamon, A. (2015). 音楽演奏における観客効果: 演奏者の心拍,不安および第三者評価の分析. 日本認知科学会第32回大会発表論文集, 101-107.
    13. 正田悠, 阪田真己子, Williamon, A. (2015). 聴取文脈が音楽演奏の評価に及ぼす影響:生演奏場面と音のみ聴取場面の比較. 日本音楽知覚認知学会資料, JSMPC2015(1), 27-32. [研究選奨受賞]
    14. 正田悠, 阪田真己子, Williamon, A. (2015). ヴァイオリン演奏者の心拍変動および複雑性に聴衆の存在が及ぼす影響. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(483), 29-34. [電子通信情報学会ヒューマンコミュニケーション賞受賞]
    15. 新田晴, 阪田真己子, 正田悠, 鈴木紀子 (2014). 並んで歩く身体:発話が「足並み」へ及ぼす影響. 日本認知科学会第31回大会発表論文集, 752-755.
    16. 正田悠, 新田晴, 鈴木紀子, 岸本和香, 阪田真己子 (2014). 表情と音声の情動知覚における視聴覚相互作用:情動判断と反応時間の分析. 日本認知科学会第31回大会発表論文集, 151-167. [大会発表賞受賞]
    17. 西本光志, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子 (2014). 共同創作活動におけるコミュニケーション行動:性別による比較. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(189), 51-56.
    18. 大島優, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子 (2014). ラジオにおけるオープンコミュニケーション:初心者と経験者の比較. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(189), 47-50.
    19. 八尾友揮, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子 (2014). 共同模写作業におけるコミュニケーションチャネルの時系列変化:親密度の違いによる比較. 電子情報通信学会技術研究報告, 114(189), 41-45.
    20. 正田悠, 安達真由美 (2010). ピアノ専攻生の身体動作における楽曲様式の効果. 日本音楽知覚認知学会2010年度春季研究発表会資料, 65-70.
    21. 正田悠, 中村敏枝, 安達真由美 (2008). ピアニストの意図した演奏表現の伝達:演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の分析. ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, 29-36.

    講演・口頭発表等

    1. 正田悠・土金諒・下寳賢人・伊坂忠夫 (2017, 11月). 生演奏における鑑賞者の心拍変動および複雑性:J-POPライブにおけるフィールド実験. 日本音楽知覚認知学会平成29年度秋季研究発表会. 島根: 松江テルサ
    2. 正田悠・鈴木紀子・阪田真己子・伊坂忠夫 (2017, 9月). ドラムによる多人数インタラクションが参与者の生理反応に及ぼす影響. 日本認知科学会第34回大会. 石川: 金沢大学角間キャンパス
    3. 鈴木紀子・今城真由香・正田悠・阪田真己子・伊藤紀子・山本倫也 (2017, 9月). 人数が多いほど共同作業はうまくいくのか?: 家具組立課題に関する一検討. 日本認知科学会第34回大会. 石川: 金沢大学角間キャンパス
    4. Shoda, H., & Adachi, M. (2017, 9月). How pianists manipulate performance parameters across Bach, Schumann, and Debussy: Evidence for performance practice. Paper presented at International Symposium on Performance Science 2017. Reykjavík: Harpa.
    5. Shoda, H., Tabei, K., Nakahara, J., Yasuda, S., Williamon, A., & Isaka, T. (2017, 8月). Roles of daily musical and physical activities in quality of life and subjective well-being: A survey for Japanese university students. Poster presented at the 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music. Kyoto: Kyoto Women's University.
    6. 正田悠・田部井賢一・中原純・安田晶子・伊坂忠夫 (2017, 5月). テキストマイニングによるPersonal Song のエピソード分析. 第29回音楽の科学研究会. 兵庫: 武庫川女子大学.
    7. 阪田真己子・森本未来・正田悠 (2017, 5月). 外見と性格情報の整合性がキャラクターの印象評価ならびに再認成績に及ぼす影響. 第142回ヒューマンインタフェース学会研究会. 沖縄: 沖縄産業支援センター
    8. 向井大策・マイケル・スペンサー・正田悠・田部井賢一・柿塚拓真 (2017, 3月). Art for Ages: 高齢社会から考える音楽の可能性. 東京: 上野学園大学.
    9. 正田悠 (2017, 3月). 超高齢社会におけるアートの役割.ULM2016研究フォーラム Art for Ages: 高齢社会から考える音楽の可能性. 東京: 上野学園大学.
    10. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2016, 9月). ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化.日本認知科学会第33回大会. 札幌: 北海道大学.
    11. 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon・伊坂忠夫 (2016, 9月). 生演奏におけるヴァイオリン演奏者の身体動作: “あがり”との関連.日本バイオメカニクス学会第24回大会. 滋賀: 立命館大学.
    12. 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon (2016, 8月). 演奏を聴く身体:生演奏と録音聴取における鑑賞者の身体運動の比較.日本音響学会音楽音響研究会2016年度8月例会. 大阪: 龍谷大学.
    13. 鈴木紀子・正田悠・伊藤紀子・稲田香織・阪田真己子 (2016, 8月). 課題達成型共同作業におけるマルチモーダルインタラクション:マシュマロ・チャレンジを例として.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 京都: 立命館大学.
    14. Shoda, H. Nishimoto,K., Suzuki, N., Sakata,M., & Ito, N. (2016, 7月). Creativity comes from interaction: Multi-modal analyses of three-creator communication in constructing a Lego castle. The 18th International Conference on Human-Computer Interaction. Toronto: The Westin Harbour Castle Hotel.
    15. Suzuki, N., Shoda, H., Sakata, M., & Inada, K. (2016, 7月). Essential tips for successful collaboration: A case study of the "marshmallow challenge." The 18th International Conference on Human-Computer Interaction. Toronto: The Westin Harbour Castle Hotel.
    16. Yamaguchi, R., Shoda, H., Suzuki, N., & Sakata, M. (2016, 7月). Exploring dance teaching anxiety in Japanese schoolteachers. The 18th International Conference on Human-Computer Interaction. Toronto: The Westin Harbour Castle Hotel.
    17. 廖振・王ヒョウセイ・正田悠・阪田真己子 (2016, 5月). 日本人母語話者との初対面インタラクションにおける中国人非母語話者の会話方略.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 沖縄: 沖縄産業支援センター.
    18. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2016, 3月). ダンス必修化に伴う教員の指導不安の定量的分析.情報処理学会第78回全国大会. 横浜: 慶應義塾大学.
    19. 正田悠・阪田真己子 (2015, 11月). 演奏する身体:ヴァイオリニストの身体動作の定量的分析.第28回音楽の科学研究会. 兵庫: 武庫川女子大学.
    20. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2015, 9月). ダンス必修化に伴う教員の不安構造の分析.日本認知科学会第32回大会. 千葉: 千葉大学.
    21. 正田悠・阪田真己子・Williamon, A. (2015, 9月). 音楽演奏における観客効果:演奏者の心拍,不安および第三者評価の分析.日本認知科学会第32回大会. 千葉: 千葉大学.
    22. 鈴木紀子・正田悠・西本光志・阪田真己子・伊藤紀子 (2015, 9月). 三者間の共同創作における言語・非言語行動の分析:作品の独創性への影響.日本認知科学会第32回大会. 千葉: 千葉大学.
    23. 正田悠 (2015, 9月). 生演奏中の心拍を測る.日本心理学会第79回大会公募シンポジウム話題提供. 名古屋: 名古屋国際会議場.
    24. Shoda, H., Sakata, M., & Williamon, A. (2015, 9月). Heart-rate variability and complexity in live violin performance. International Symposium on Performance Science 2015. Ryukoku University: Ryukoku University.
    25. Suzuki, N., Oshima, Y., Shoda, H., Sakata, M., & Ito, N. (2015, 8月). Verbal and nonverbal skills in open communication: Comparing experienced and inexperienced radio duos. The 17th International Conference on Human-Computer Interaction. The Westin Bonaventure Hotel: The Westin Bonaventure Hotel.
    26. Shoda, H., Yao, T., Suzuki, N., & Sakata, M. (2015, 8月). Exploring how people collaborate with a stranger: Analyses of verbal and nonverbal behaviors in abstract art reproduction. The 17th International Conference on Human-Computer Interaction. The Westin Bonaventure Hotel: The Westin Bonaventure Hotel.
    27. Sakata, M., Suzuki, N., Shirai, K., Shoda, H., Yamamoto, M, & Sugio, T. (2015, 8月). How do Japanese people return a greeting with a bow? The 17th International Conference on Human-Computer Interaction. The Westin Bonaventure Hotel: The Westin Bonaventure Hotel.
    28. 正田悠 (2015, 6月). 音楽の生演奏を科学する.社会・技術の変容とアートの役割研究会. 大阪: 大阪大学.
    29. 正田悠・阪田真己子・Williamon, A. (2015, 6月). 聴取文脈が音楽演奏の評価に及ぼす影響:生演奏場面と音のみ聴取場面の比較.日本音楽知覚認知学会2015年度春季研究発表会. 札幌: 北海道教育大学.
    30. 正田悠・阪田真己子・Williamon, A. (2015, 3月). ヴァイオリン演奏者の心拍変動および複雑性に聴衆の存在が及ぼす影響.電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会. 札幌: 札幌市立大学.
    31. 正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子 (2014, 9月). 表情と音声の情動知覚における視聴覚相互作用:情動判断と反応時間の分析.日本認知科学会第31回大会. 名古屋: 名古屋大学.
    32. 新田晴・阪田真己子・正田悠・鈴木紀子 (2014, 9月). 並んで歩く身体:発話が「足並み」へ及ぼす影響.日本認知科学会第31回大会. 名古屋: 名古屋大学.
    33. 八尾友揮・正田悠・阪田真己子・鈴木紀子 (2014, 8月). 共同模写作業におけるコミュニケーションチャネルの時系列変化:親密度の違いによる比較.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 京都: 立命館大学.
    34. 大島優・正田悠・阪田真己子・鈴木紀子 (2014, 8月). ラジオにおけるオープンコミュニケーション:初心者と経験者の比較.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 京都: 立命館大学.
    35. 西本光志・正田悠・阪田真己子・鈴木紀子 (2014, 8月). 共同創作活動におけるコミュニケーション行動:性別による比較.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 京都: 立命館大学.
    36. Shoda, H., & Adachi, M. (2014, 8月). Music is communicated visually: Modeling performer-to-audience communication in live piano performance. The 13th International Conference on Music Perception and Cognition. Yonsei University: Yonsei University.
    37. 岸本和香・正田悠・新田晴・阪田真己子 (2014, 3月). 情動認知におけるクロスモーダル性に関する検討.情報処理学会第76回全国大会. 東京: 東京電機大学.
    38. Shoda, H. (2014, 2月). Modeling performer-to-audience communication in live piano performance. CPS Meeting. London: The Royal College of Music.
    39. 正田悠・安田晶子 (2013, 9月). 旋律最終音の時間的逸脱が音の大きさ知覚に及ぼす影響.第41回Young Perceptionists' Seminar. 栃木: 日光ホテル・ファミテック.
    40. 正田悠 (2013, 9月). 音楽演奏と感情.日本心理学会第77回大会公募シンポジウム話題提供. 札幌: 札幌コンベンションセンター.
    41. Shoda, H., & Adachi, M. (2013, 8月). The pianist's acoustical and motional expressions in the live performance of Schumann's Traumerei. International Symposium on Performance Science 2013. University of Music and Performing Arts: University of Music and Performing Arts.
    42. 正田悠・安達真由美 (2013, 6月). ピアノ演奏者の感情的解釈の鑑賞者への伝達:コンサート場面と音のみ聴取場面の比較.第24回音楽の科学研究会. 兵庫: 武庫川女子大学.
    43. 正田悠 (2013, 6月). 音響情報ならびに視覚情報を介したピアノ演奏のコミュニケーション過程の解明.音楽と脳. 大阪: 大阪大学.
    44. 正田悠・安達真由美 (2012, 9月). ピアノ演奏における聴衆の心拍変動に聴取文脈が及ぼす影響: コンサート場面と音のみ聴取場面の比較.日本心理学会第76回大会. 神奈川: 専修大学.
    45. 正田悠・安達真由美 (2012, 9月). シューマン「トロイメライ」の音響・身体表現に聴衆の存在が及ぼす影響.第40回Young Perceptionists' Seminar. 札幌: 山渓苑.
    46. Shoda, H., & Adachi, M. (2012, 7月). Effects of the listening context on the audience's perceptions of artistry, expressiveness, and affective qualities in the piano performance. The 12th International Conference on Music Perception and Cognition. Porto Palace Hotel: Porto Palace Hotel.
    47. Adachi, M., Takiuchi, K., & Shoda, H. (2012, 7月). Effects of melodic structure and meter on the sightreading performances of beginners and advanced pianists. The 12th International Conference on Music Perception and Cognition. Porto Palace Hotel: Porto Palace Hotel.
    48. 正田悠・安達真由美 (2011, 9月). 芸術的演奏におけるピアニストの身体の動き:音楽構造との関連.第39回Young Perceptionists' Seminar. 千葉: 九十九里ヴィラそとぼう.
    49. 正田悠・安達真由美 (2010, 9月). アマチュアピアニストの身体動作における楽曲様式の効果.日本心理学会第74回大会. 大阪: 大阪大学.
    50. Shoda, H., & Adachi, M. (2010, 8月). Effects of the musical period on the pianist's body movement: Its time-series relationships with temporal expressions. The 11th International Conference on Music Perception and Cognition. University of Washington: University of Washington.
    51. 正田悠・安達真由美 (2010, 5月). ピアノ専攻生の身体動作における楽曲様式の効果.日本音楽知覚認知学会2010年度春季研究発表会. 北海道: はこだて未来大学.
    52. Shoda, H., & Adachi, M. (2010, 3月). Time-series analysis of the relationship between the pianist's body movement and the dynamic expression for Romantic pieces. The 2nd Empirical Musicology Conference: Empirical Approaches to Performance. University of Leeds: University of Leeds.
    53. Shoda, H., & Adachi, M. (2009, 12月). Time-series analysis of relationships between the pianist's body movement and the temporal expression for Romantic pieces. The 2nd International Conference on Music Communication Science. University of New South Wales: University of New South Wales.
    54. 正田悠 (2009, 9月). ピアニストの身体動作と演奏音の時間的表現の時系列分析: ロマン派楽曲の演奏から.第37回Young Perceptionists' Seminar. 長野: 軽井沢文化山荘.
    55. 正田悠・安達真由美 (2009, 8月). ピアノ演奏者の表現意図の違いによる演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の変化: 事例研究.日本心理学会第73回大会. 京都: 立命館大学.
    56. 正田悠・中村敏枝・安達真由美 (2008, 9月). ピアニストの意図した演奏表現の伝達: 演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の分析.ヒューマンインタフェースシンポジウム2008. 大阪: 大阪大学.
    57. 正田悠 (2008, 9月). ピアニストの意図した演奏表現に関する事例的研究: 演奏音の音響特性と演奏者の身体動作に着目して.第36回Young Perceptionists' Seminar. 京都: 聖護院御殿荘.
    58. 安田晶子・中村敏枝・正田悠・森数馬 (2008, 9月). 音楽聴取による感動の心理学的研究: 聴取者の情動と演奏音のダイナミクスの関係に基づいて.日本心理学会第72回大会. 札幌: 北海道大学.
    59. 正田悠・中村敏枝・安田晶子・森数馬・安達真由美 (2008, 9月). ピアノ演奏者の表現意図と聴取者の好悪判断の関係: 視覚情報の有無に関連して.日本心理学会第72回大会. 札幌: 北海道大学.
    60. 森数馬・中村敏枝・安田晶子・正田悠 (2008, 9月). 演奏音の印象に及ぼす歌詞の影響について: 印象評定値の個人差に基づく検討.日本心理学会第72回大会. 札幌: 北海道大学.
    61. Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Shoda, H. (2008, 8月). Psychological study of strong experiences in listening to music: Relationship between physical reactions and acoustic features of the music. The 10th International Conference on Music Perception and Cognition. Hokkaido University: Hokkaido University.
    62. Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Yasuda, S., & Adachi, M. (2008, 8月). Emotional communication of a pianist's intended expression via acoustical and visual information. The 10th International Conference on Music Perception and Cognition. Hokkaido University: Hokkaido University.
    63. Katahira, K., Nakamura, T., Kawase, S., Yasuda, S., Shoda, H., & Draguna, R. M. (2008, 8月). Effects of the relationship between co-performers' body movement on coordination in ensembles. The 10th International Conference on Music Perception and Cognition. Hokkaido University: Hokkaido University.
    64. 森数馬・中村敏枝・安田晶子・正田悠 (2008, 6月). 演奏音の印象に及ぼす歌詞の影響について.日本認知心理学会第6回大会. 千葉: 千葉大学.
    65. 安田晶子・中村敏枝・正田悠・森数馬 (2008, 5月). 音楽聴取による感動の心理学的研究:聴取者の身体反応と情動の関係性からの検討.日本認知心理学会第6回大会. 千葉: 千葉大学.
    66. 正田悠・中村敏枝・安田晶子・森数馬・安達真由美 (2008, 5月). ピアノ演奏者の表現の違いによる聴取者の印象評定の変化 (2): 聴取者の楽器演奏経験の影響.日本認知心理学会第6回大会. 千葉: 千葉大学.
    67. Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Shoda, H. (2007, 12月). Psychological study of strong experiences in listening to music: A relationship between partial and overall evaluations of physiological reactions. The inaugural International Conference on Music Communication Science. University of New South Wales: University of New South Wales.
    68. Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., & Yasuda, S. (2007, 12月). Effects of a pianist's body movements on listeners' impressions. The inaugural International Conference on Music Communication Science. University of New South Wales: University of New South Wales.
    69. Katahira, K., Nakamura, T., Kawase, S., Yasuda, S., Shoda, H., & Draguna, R. M. (2007, 12月). The role of body movement in co-performers' temporal coordination. The inaugural International Conference on Music Communication Science. University of New South Wales: University of New South Wales.
    70. Kawase, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Katahira, K. Yasuda, S., & Shoda, H. (2007, 12月). Communication channels performers and listeners use: A survey study. The inaugural International Conference on Music Communication Science. University of New South Wales: University of New South Wales.
    71. 正田悠 (2007, 9月). ピアニストの身体動作が音楽演奏の印象に及ぼす影響.第35回Young Perceptionists' Seminar. 埼玉: 梁山泊.
    72. 安田晶子・中村敏枝・河瀬諭・片平建史・小幡哲史・谷口智子・正田悠 (2007, 6月). 音楽聴取による感動の心理学的研究: 聴取者の情動との関係(2).日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.
    73. 谷口智子・中村敏枝・河瀬諭・片平建史・安田晶子・小幡哲史・正田悠 (2007, 6月). ピアノアンサンブルにおける演奏者間の非言語コミュニケーション.日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.
    74. 正田悠・中村敏枝・河瀬諭・片平建史・安田晶子・小幡哲史・谷口智子 (2007, 6月). ピアノ演奏者の表現の違いによる聴取者の印象評定の変化.日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.
    75. 小幡哲史・中村敏枝・河瀬諭・片平建史・安田晶子・谷口智子・正田悠 (2007, 6月). バイオリン奏者が演奏中に使用する呼吸情報に関する実験的研究.日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.
    76. 河瀬諭・中村敏枝・片平建史・安田晶子・小幡哲史・谷口智子・正田悠 (2007, 6月). 音楽演奏場面において用いられる視覚的手がかり.日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.
    77. 片平建史・中村敏枝・河瀬諭・安田晶子・小幡哲史・谷口智子・正田悠 (2007, 6月). 2者の合奏における身体動作の役割: 時間的調整における身体動作の重要性についての検討.日本認知心理学会第5回大会. 京都: 京都大学.

    連携

    1. 文部科学省革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)
      『運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点』
      メンバー(2016〜)
    2. 文部科学省革新的イノベーション創出プログラム若手連携研究ファンド
      『運動誘導継続に向けたバイタルデータのアート化システムの構築と社会実装にむけた研究開発』
      →メンバー(2017〜)
      2017年8月8日『Summer Arts Japan 2017 “憂飼(うしかい)”』(東京藝術大学・奏楽堂)において,中核的な用務を果たした

    外部資金

    1. Art for Ages: 高齢者のWell-beingと音楽実践の学際的研究
      科学研究費補助金(基盤研究(C)) 分野:ネオ・ジェロントロジー 3,770,000円
      研究期間: 2015年7月 - 2018年3月 代表者: 正田悠, 分担者: 中原純, 安田晶子, 田部井賢一
    2. 生演奏場面における演奏者と鑑賞者の同調現象:心理,行動,生理指標の時系列分析
      科学研究費補助金(若手研究(B)) 分野:認知科学・社会心理学 2,730,000円
      研究期間: 2015年4月 - 2018年3月 代表者: 正田悠
    3. 演奏のコミュニケーションを支える文化・行動基盤:音響情報と視覚情報の相互作用
      科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 分野:認知科学 4,320,000円
      研究期間: 2013年4月 - 2016年3月 代表者: 正田悠
    4. 音響情報ならびに視覚情報を介したピアノ演奏のコミュニケーション過程の解明
      科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 分野:認知科学 2,100,000円
      研究期間: 2010年4月 - 2013年3月 代表者: 正田悠

    受賞

    1. 正田悠・土金諒・下寳賢人・伊坂忠夫 (2017年11月). 日本音楽知覚認知学会 ポスター発表選奨.
    2. 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子 (2016年12月). 日本認知科学会 大会発表賞.
    3. 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon (2015年12月). 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞.
    4. 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon (2015年12月). 日本音楽知覚認知学会 研究選奨.
    5. 正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子 (2014年11月). 日本認知科学会 大会発表賞.
    6. 岸本和香・正田悠・新田晴・阪田真己子 (2014年3月). 情報処理学会 大会学生奨励賞.
    7. 正田悠 (2010年4月). 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除.
    8. 正田悠 (2008年3月). 大阪大学 人間科学部賞.

    学会関連活動

    1. 2017年10月〜日本認知科学会第35回大会 プログラム委員(立命館大学)
    2. 2017年6月〜 日本音楽知覚認知学会幹事(研究発表会)
    3. 2016年9月〜 第6回アジア・太平洋音楽認知科学協会国際大会 Committee Member(京都女子大学)
    4. 2016年5月〜2016年9月 第24回日本バイオメカニクス学会大会 実行委員(立命館大学)
    5. 2015年7月〜2015年12月 人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2015) 実行委員(同志社大学)
    6. 2012年9月〜2012年9月 Young Perceptionists' Seminar 2012 委員長
    7. 2010年3月〜2010年9月 第3回国際学生体系的音楽学会議 (SysMus10) 査読委員
    8. 2008年9月 日本心理学会第72回大会アルバイト(北海道大学)
    9. 2008年8月 第10回国際音楽知覚認知会議(ICMPC10)アルバイト(北海道大学)
    10. 2007年〜2008年 Young Perceptionists' Seminar 2008 ホームページ作成委員
    11. <